Top > 便秘 > 妊娠中の便秘はプロゲステロンのせい?

妊娠中の便秘はプロゲステロンのせい?

母体の心臓は貧血(血液中のヘモグロビン濃度が低くなることで、十分な酸素が運ばれず、細胞が酸素不足になってしまいます)になると負荷がかかり、症状として動悸・息切れなどがみられることがあります。眩暈・立ちくらみが起きることもあります。カラダが動かなくて、疲れが激しかったり、顔色がすぐれないのを指摘されたりするでしょう。ママが貧血(を起こしても、直ちに胎児(積極的に良い影響を与えようとするのが胎教ですね)の成長にダメージが及ぶことはありません。

 

 

しかし、長期に貧血が改善されないままだと、お腹の赤ちゃんの発育も妨げられるおそれがあります。

加えて母親自身の健康面もリスクを負います。集中する何かがあると、つわりが軽減されるかも知れません。

 

 

 

働いているなら、働いているときは症状を緩和できます。

 

さらにホビーを楽しんだり、楽しくおしゃべりすることなどは、その時間はつらさも薄れるかも知れません。

外に出るなら気分もよくなるかも知れません。海辺や高台など眺めの良いスポットで平穏に過ごすと落ち着きます。

 

つわりというのは、朝起きた際の空腹のせいで気分の悪化を経験する場合が少なくありません。

 

枕のそばにキャンディーなど軽く口に入れるものを置いといて、起床前に軽く口にするならオエッという感じも減ります。

 

 

 

日中も腹減りが続くのに注意していつも軽く食べておくといいみたいです。

 

そしてフライや刺身は食べられなくても冷やっこい食品や酸味のある食品はすんなり食べられることもあります。

 

妊娠中は便秘になりやすい傾向があります。

 

分泌の増していくプロゲステロンという女性ホルモンにより大腸の蠕動運動が弛緩するのと、サイズアップする子宮が腸を押さえつけて、はたらきがゆるくなってしまうために沿うなってしまうのです。

妊娠による緊張やプレッシャー(掛け続けると、ストレスでいずれ爆発してしまうこともあるでしょう)というメンタル面の不安定さが引き起こしていることもあります。

 

運動(始めは嫌々でも実際に体を動かすことで、前向きな気分になれる効果があるでしょう)をしなくなりがちなのも排便リズムが乱れていく原因かも知れません。便秘によってガス腹になったり、気分が悪くなったり、ガスがいつも出て恥ずかしかったりします。それに便秘だけでなく、悪阻も起きると何も食べれなくなります。

 

そして、便秘は痔に繋がることも少なくありませんから、お通じを良いものにしましょう。

 

便秘を避けるには、お手洗いを我慢しないことです。妊婦 青汁 おすすめ

定時にお手洗いに座るような習慣づくりが役立ちます。女性の場合は月経があるので、妊娠を別にしても、貧血が高い割合で存在します。

妊婦に限ると、貧血との診断が下りる人の割合は30~40%にもなります。

妊娠の期間中は胎内の赤ちゃんが自分の血液を製造するのに母のカラダから鉄分を欲します。妊婦自身の鉄分は欠乏状態に陥ります。これによる症状が鉄欠乏性貧血です。

多くなるのが妊娠28週から31週の期間です。

 

 

妊娠悪阻の症状がひどいなら、今はお腹の赤ちゃんの栄養に悪影響(一般的に、いいと思われているものが、実は悪い影響を与えているということも少なくありません)はないので、喉にスルスル入っていき沿うなものを食欲があるときにご飯しましょう。同居者持つわりのひどいマタママの近くでは、吐き気につながり沿うなものはどけておくという注意をしましょう。

また永遠の謎なのですが、自分の手で調理したものよりほかの人が作った料理が食べられることがあります。

 

吐き気がおさまらないようなときは、体内の水分が失われるかも知れません。

 

水を摂取して頂戴。ごくごく飲むのが無理なら、ちびっとずつ飲むようにして頂戴。

 

 

 

スッキリ感のあるレモン風味などの味のドリンクならスッと入ると思います。

 

 

妊娠が発覚したらこれまでより睡眠を多くとるように心がけましょう。昼間にいくらか寝ておくのもお薦めです。

便秘

関連エントリー
妊娠中の便秘はプロゲステロンのせい?体重を減らそうと思ったら便秘になったのはなぜ